Joyful Family Blog

国際結婚した夫婦の英語学習と生活と子育てと猫のブログ

黒猫の里親になった話

スポンサーリンク

f:id:joyfulfamilyblog:20210603203128j:plain

こんにちは!こんにちは。Joyful Family Blogを運営しているエマです。

初めてブログを書きました。まだ日本語が上手ではないので、読みにくいかも知れませんが、頑張って書きました。

本日のブログ

今日はJoyful Familyの黒猫(ノワール)の里親になったときの話

私達は去年の8月にノワールの里親になりました。あの時、いろいろな猫を見たなのに、10歳(推定)のノワールにしたのはなぜでしょうか?

猫を飼おう!

私の家族は動物が大好きで色々な動物を飼っていました。私が子供の頃、ネズミやタランチュラも飼ったことがあります!

逆にトシはノワールを飼うまで、ペットの世話をすることがありませんでした。しかし、アメリカに住んでいる時、アパートで料理を作っていると、開いていた窓から突然黒猫が部屋に入って来ました。知らない猫が部屋に入ちゃってダメと思ったけど、可愛すぎたので、仕方がなかったです。その後、トシはクロくんとよく遊んで、仲良くなりました。

トシは日本に帰って、クロくんを思い出して、黒猫を飼おうと思いました。私はもちろん反対しませんでした。

ペットショップで買うのと里親として迎えるとどちらの方がいい?

まず、猫を里親として迎えると決めました。なぜなら、日本で家がない動物が多いからです。外に行けば猫がいっぱい見られるのはもちろんけど、家がない犬も多いです。家族が引っ越したとか、忙しくなったとか理由でペットをシェルターに出します。その動物は新しい家族を待っているか安楽死させられます。かわいそうでしょう。

探すのために、「ペットのおうち」のアプリをダウンロードしました。「ペットのおうち」で猫や犬や小動物や魚など何でも見つけられて、引き取れます!人道的に引き取れます。

www.pet-home.jp

かわいい子猫や健康的猫がいても、ノワールに決めたの?!

保護されている家がない猫は安楽死の危険があると思いました。だから、家を見つけにくい猫が欲しかったのです。また、日本では黒猫が目の前を横切ると悪いことがあるという迷信がありますよね?アメリカも同じで、Don’t let a black cat cross your pathということわざがあり、黒猫はBad luckと言われています。ですから、猫の中で黒猫が一番家を見つけにくいのでは?と思いました。トシも黒猫を欲しがったから、私達は黒猫の里親になることに決めました!

二週間ぐらい猫のプロフィールを見ました。すると、面白い形黒猫を見つけました。この猫は目が大きくて桜耳があって尾がzigzagしていてかわいい!プロフィールによると、あの人の隣に外に住んでいる猫たちに餌をあげるおばあちゃんがいるので、猫の数がどんどん増えました。それで、近所の保護活動家さんが猫たちを捕まえて、獣医に連れて行って、血液検査や避妊・去勢をして、家を探してあげました。ノワールの場合は歯を抜いることもしてあげました。ノワールはずっと外に住んでいたために、猫の歴史ははっきり知りませんでしたが、ノワールは10歳以上のおじいちゃん猫だということはわかりました。かわいい赤ちゃんの猫は里親が現れやすいと思いました。

ノワールの血液検査はFIV(feline immunodeficiency virus)が陽性でした。FIVというのは人間のHIVに似ています。でも、猫はFIVがあっても、普通の生活ができます。FIVのケアは6ヶ月~1年に一回血液検査をしたり、ストレスを溜まらないように生活したり、ずっと家の中で生活したり、FIVを移さないように陰性の猫を噛まないようにに飼うすることが大切です。FIVはFAIDSになったら、人間と同じで風邪をひきやすくなったり、病気が起こしたり、することが大変です。それで、獣医に連れていくことや薬を上げることが増えます。でも、FIVがない猫も病気になる可能性もあるので、FIVをっている猫を飼うことは気にならなかったです。これがノワールを飼うことにした理由です。

決めた後に何をした?

<「ペットのおうち」はペットショップじゃなく、保護活動家さんとペット探している人のマッチングアプリです。気になるペットを見つけたら、掲載者に連絡します。最初のメッセージは興味を表すことや質問を聞くことや挨拶した方がいいと思います。気になることを聞いたり、飼うための条件を満たしていると、その後、トライアルの長さや料金や移動方法などを決めて、ペットに会います。

ノワールの保護活動家さんはとても親切な人でした。譲渡のルールに従い、誠実な対応をしていただきました。また、長距離だったのに、私たちの家までにノワールを連れて来てくれました!本当に動物の愛のために家族を探していたと思います。

まとめ:飼ってよかった?

f:id:joyfulfamilyblog:20210603203144j:plain

Noir loves pillows!

ノワールはおじいちゃんですけど、元気だし、一緒に寝てくれる、猫じゃらしで遊ぶのは楽しいし、可愛いし、飼ってよかったです。ノワールが私達の家族になって10ヶ月が経ちますが、ノワールがいない生活は考えられません。毎日家に帰るたびにノワールは挨拶してくれます。いなくなったら、大変悲しくなります。

すこしでも不幸な動物が減るように、できることをやっていきたいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。