Joyful Family Blog

国際結婚した夫婦の英語学習と生活と子育てと猫のブログ

【国際結婚】 よく聞かれる5つの質問!

スポンサーリンク

f:id:joyfulfamilyblog:20210529111733j:plain

こんばんは。Joyful Family Blogを運営しているトシです。

本日のブログ

国際結婚しているとよく聞かれる5つの質問!

最近は、国際結婚しているカップルも増えてきたので、そこまで珍しくないと思っていましたが、国際結婚したというと結構な確率で驚かれます。まだまだ、少数派なのですね。

そこで、よく聞かれる質問についてブログで紹介したいと思います。

どこで出会ったの?

まずはじめに聞かれるのはこの質問です!

確かに気になりますよね。

まぁアメリカ人なら日本にもたくさんいらっしゃるのでそんなに珍しい国ではないですけどね。

私達の場合は、トシがアメリカに住んでいた頃に、Meetupにあった日本語サークルのような集まりに参加したときに出会いました。

日本語や日本文化に興味のある外国人と現地の方と友達になりたい人が集まり、ご飯を食べながら会話を楽しむ会です。やっぱり日本に少しでも興味がある外国人と会話すると共通の話題が多く話しやすいです。また、多少英語を話すのが苦手でも、理解しようと聞いてくれるので、英語を話す練習にもなりました。

エマの場合も、もともと日本に興味があり、東京に短期語学留学をしていたこともあり、共通の話題が多くすぐ仲良くなりました!

何語で話すの?

つぎに聞かれるのはだいたいこれですね。

人間関係を築くには、言葉は重要ですからね。

私達の場合は、日本語と英語両方使っています。話し出した言語でそのまま話します。

ときどき私が日本語で話して、妻は英語を話して会話が進むこともありますね。

やはりスピーキングよりもリスニングのほうが簡単ですから。話すのは母国語のほうが楽ですしね。

ちなみに出会った頃は、妻は日本語をあまり話せなかったので、英語で会話していました。しかし、彼女の日本語の上達がはやくて最近では私の英語レベルを超えてきたように思います 笑

国際結婚って大変?

この質問もよくされますが、国際結婚だから大変かどうかは考えたことがないです。

日本人同士の結婚も大変じゃないですかね?

あとはなかなか家族に会えないのは大変ですね。里帰りが海外旅行になってしまいますから。

国際結婚の大変なところは、やはりビザ関係ですね。

一緒に住むためにはどちらかが合法的に滞在できるビザを取得する必要があります。

ビザの手続きって用意する書類も多く、なかなか大変です。また、日本の配偶者ビザの場合は、基本的には1年更新ですので、めんどくさい手続きが毎年あるのも大変ですね。

私達が日本の配偶者ビザを取得した経験はこちら↓に書いてありますので、興味がありましたら、読んでいただけると嬉しいです。

あわせて読みたい

 

www.joy-fami.com 

文化の違いとかある?

もちろんありますね!もともと違う国で生まれ育ったので。

しかし、私達はアメリカと日本それぞれの国に住んだことがあるので、ある程度それぞれの国の文化を理解していたので、大きな問題にはならなかったですね。

お互いの国の文化を教え合うことで、さらに相手への理解が深まったと思います。

個人的には、言葉の違いや文化の違いはあまり気になりませんでした。唯一重要だと思ったのが、「食の好み」の一致です。

これだけは譲れなかったですね。幸いなことに妻は日本料理も好きで食べてくれるので嬉しかったですね。多分、毎日脂っこいアメリカン料理なら結婚するまで続いてなかったと思います 笑

なんで日本に住んでるの?

アメリカに住めばいいじゃんとも言われますね。

これは国際結婚している方皆さんが悩むことではないでしょうか?

私達もどちらの国に住むかは、とても悩みました。

私達が日本に住むことを決めてた理由は、将来的に子供ができたときにアメリカで子どもたちの安全を守ることができるのかということでした。

もちろん日本にいれば、安全ということはありませんが、少なくてもアメリカに比べると犯罪に巻き込まれる確率は格段に少なくなると思いました。

ですので、ある程度子供たちが大きくなるまでは、日本で生活しようと結婚するときに決めました。

まとめ

国際結婚しているといろいろ質問される!大変なこともあるけど、お互いの国の文化を知れて楽しいよ!