Joyful Family Blog

国際結婚した夫婦の英語学習と生活と子育てと猫のブログ

【ボキャブラリー】夏によく使う英単語

f:id:joyfulfamilyblog:20210708224329j:plain



こんにちは。Joyful Family Blogを運営しているトシです。今日のブログはボキャブラリー記事で、夏っぽい英単語です。

まだ梅雨明けしていませんが、今シーズン初めてセミの鳴き声を聞きました。最近どんどん暑くなってきてますし、今年も夏がやってくるなと感じました。 そこで今回のブログでは、夏っぽい英単語、夏に良く使う英単語を紹介したいと思います!

過去のボキャブラリー記事はこちらです!

夏によく使う英単語|昆虫

日本語 英語
セミ cicada
firefly
カブトムシ beetle
クワガタ stag beetle
虫刺され bug bite

まずは夏を代表する昆虫についての英単語です。 冒頭のでも紹介しましたが、セミは cicadaです。 カブトムシのbeetle(ビートル)は、イギリスのバンドのビートルズやフォルクスワーゲンの車のビートルで聞いたことがあるのではないでしょうか? 一方でクワガタはどうでしょう?英語でstag beetle といいます。stagは雄鹿という意味があり、雄鹿の立派なツノとクワガタの大きな顎が似ていることからstag beetle となったのですね。

夏によく使う英単語|食べ物

日本語 英語
うなぎ eel
スイカ watermelon
かき氷 shaved ice
なす eggplant

夏バテ予防のためにうなぎを食べたい季節ですよね。うなぎは英語でeel (イール)です。お寿司を注文する際も使えるとので、ぜひ覚えてみてください!

お盆の時期になるとなすで精霊馬を作ったりしますよね?ナスは英語でeggplantです。なぜeggなの?と疑問に思いませんか?欧米では日本のように紫のナスよりも真っ白なナスの方が一般的だったようで、真っ白なナスがまるで卵のように見えたからeggplantになったらしいです。

夏によく使う英単語|夏の風景

日本語 英語
ひまわり sunflower
朝顔 morning glory
花火 fireworks
風鈴 wind chimes
蚊取り線香 Mosquito coil

日本では夏といえば花火ですよね。でも、アメリカでは花火は夏に限らずお祝いごとがあると花火大会が開かれます。

風鈴は"Wind chimes (ウィンドチャイム)"と言います。風のチャイムなので連想しやすいですよね。

夏によく使う英単語|夏の暑さに関する単語

日本語 英語
蒸し暑い、うっとうしい Muggy
湿度 Humid
日焼け Suntan Sunburn
日焼け止め Sunscreen
Sweat

アメリカなど欧米と比較して、日本の夏の特徴は湿度が高いことです。ですので、humid (ヒューミッド)という単語を覚えておくと会話がはずみますよ!またit’s hot より、muggyという単語を使えば、蒸し暑さがより伝わりますね。 Suntan と sunburnの違いは日焼けの度合いです。日に焼けて、小麦色になった様をSuntanと言い、赤くなるまで焼けてしまった様をsunburnと言うようです。

まとめ

今回は夏によく使うボキャブラリーをまとめてみました!これから夏本番です!今回、ご紹介した英単語を使って日本の夏を英語で紹介してみてはいかがでしょうか?

こちらに私が感じた英語を勉強していて心からよかったと思えることをまとめてあります!ぜひこちらもお読みください!

>> 英語ができるとなにかいいことある?英語を学んで良かったこと解説!